モニター,設定,疲れにくい

目に優しいパソコンの設定|ちょっとした調整で疲れにくくなります

人の目は何かを集中してみていると、まばたきの回数が
減ります。パソコンをしているときは、モニターを集中して
観ているので、普段は1分間に20回程度している
まばたきが3、4回に減ってしまうと言われています。

 

 

まばたきの回数が減ると、目の表面を覆っている涙が蒸発
するため、目が乾いてしまいます。目の乾きは、疲れ目を
引起す原因になってしまうので、パソコンをしているときは
意識的にまばたきをしましょう。

 

 

モニターの高さを調整することで、目を乾きにくくする
ことが出来ます。モニターの高さは、目の高さよりも
少し低めにしましょう。

 

 

見上げるような位置にあると、目が見開いた状態になり
涙がどんどん蒸発してしまいます。見下ろすような位置に
することで、目の開きが少なくなり、涙の蒸発が減ります。

 

 

モニターの位置も重要です。モニターが目に近いと目に

負担をかけるので、40センチ以上は離しましょう。

 

 

明るい光は目に負担をかけるため、疲れ目の原因になる

ので、モニター明るさは控えめにしましょう。手元に置いた
白い紙とモニターに表示された白が同じくらい明るさになる
ように調整してください。

 

 

モニターに部屋の照明や太陽の光が映りこむと観づらくなる

ため、目に余計な力が入り、疲れてしまいます。光が映り
こまないようにモニターの位置を変えたり、カーテンやブラ
インドを閉めましょう。

 

 

オフィスなどで対処が出来ないときには、モニターに貼り
付けることで光の映り込みを防ぐフィルムがあるので、
使ってみてください。